キャンペーン・特集

EDO MIYAGE COLLECTION -江戸の土産-

EDO MIYAGE
COLLECTION
~江戸の土産~
お店一覧
ご自宅・ビジネス・贈呈に、
「東京」ならではの特選品を集めました。
1919(大正8)年、「良きが上にも良きものを」という大倉孫兵衛、和親父子のもとに創立された大倉陶園は、上質の原料を用い、商品設計から完成まで一貫体制にて品質の高い磁器を神奈川県横浜市にて作り続けています。
「色の白さ・磁器質の硬さ・肌の滑らかさ」を追求し続けるとともに、高級美術食器の分野では、独自の技術をもっております。 大倉陶園独自の技法である『岡染め』『エンボス』『漆蒔き』などの技法は、他には見られない品格のある個性を醸し出します。
1919(大正8)年、「良きが上にも良きものを」という大倉孫兵衛、和親父子のもとに創立された大倉陶園は、上質の原料を用い、商品設計から完成まで一貫体制にて品質の高い磁器を神奈川県横浜市にて作り続けています。 「色の白さ・磁器質の硬さ・肌の滑らかさ」を追求し続けるとともに、高級美術食器の分野では、独自の技術をもっております。
大倉陶園独自の技法である『岡染め』『エンボス』『漆蒔き』などの技法は、他には見られない品格のある個性を醸し出します。
濱貞は、100年前築地時代に起源を持つ、海鮮の名家です。
こだわり抜いたのはその「品質」。プロの料理人が仕入れから調理まで妥協なく一品一品丁寧に、真心を込めて仕上げています。
選び抜かれた素材の味と、職人の高い技術が織りなす至福の味を是非一度お試しください。
濱貞は、100年前築地時代に起源を持つ、海鮮の名家です。
こだわり抜いたのはその「品質」。プロの料理人が仕入れから調理まで妥協なく一品一品丁寧に、真心を込めて仕上げています。
選び抜かれた素材の味と、職人の高い技術が織りなす至福の味を是非一度お試しください。
江戸流行婦凛は、店舗は持たずにインターネットのみで贈答用のプリンを販売しています。
江戸と書いて【トウキョウ】と読みます。
ご注文をいただいてから一つ一つ手作りし、お客様にお届けする【特別なプリン】です。
原材料と製造方法にこだわり、上層はなめらか、下層はぷるんとした食感の【2層プリン】になっていて、新鮮さを保てる冷蔵便で全国のお客様の元へお届けします。
江戸流行婦凛は、店舗は持たずにインターネットのみで贈答用のプリンを販売しています。
江戸と書いて【トウキョウ】と読みます。
ご注文をいただいてから一つ一つ手作りし、お客様にお届けする【特別なプリン】です。
原材料と製造方法にこだわり、上層はなめらか、下層はぷるんとした食感の【2層プリン】になっていて、新鮮さを保てる冷蔵便で全国のお客様の元へお届けします。
東京の下町に店舗を展開する飴細工専門店。
飴細工が現在のかたちになり、庶民に広まったのは江戸時代から、アメシンでは日本特有の飴細工の伝統を引き継ぎつつ、今まで誰も見たことのない飴細工を生み出し続けています。代表作は透明な「金魚」。それまで白く不透明なものしかなかった飴細工業界に革新をもたらした。気軽に手に取りやすい商品をご用意致しました。ぜひ一度ご覧ください。
東京の下町に店舗を展開する飴細工専門店。
飴細工が現在のかたちになり、庶民に広まったのは江戸時代から、アメシンでは日本特有の飴細工の伝統を引き継ぎつつ、今まで誰も見たことのない飴細工を生み出し続けています。代表作は透明な「金魚」。それまで白く不透明なものしかなかった飴細工業界に革新をもたらした。気軽に手に取りやすい商品をご用意致しました。ぜひ一度ご覧ください。
「一枚一枚心を込めて手を抜くな」
美味しいものをお客様にお召し上がりいただくために
丁寧につくることで材料を無駄にしないために
お客様お一人ごとに真心を込め販売するために
材料を吟味し、心を込め正直な商いを日々に心がけております。
食の文化も時の流れと共に変化しておりますが
積み重ねられた弊店の特徴を大切にすると共に 将来の変化を捉えた新しい製品の開発・販売への挑戦して参ります。
「一枚一枚心を込めて手を抜くな」
美味しいものをお客様にお召し上がりいただくために
丁寧につくることで材料を無駄にしないために
お客様お一人ごとに真心を込め販売するために
材料を吟味し、心を込め正直な商いを日々に心がけております。
食の文化も時の流れと共に変化しておりますが
積み重ねられた弊店の特徴を大切にすると共に 将来の変化を捉えた新しい製品の開発・販売への挑戦して参ります。
当店は明治40年(1907年)、職人と芸の街「銀座木挽町」で創業。代々継承される家訓の1つに「一代一菓」(=自身の代で代表菓子をつくること)があり、初代は生菓子「水羊羹」、「葛桜」、二代目は半生菓子「江戸好み」、三代目は銘菓「おとし文」を作り上げました。
その心は四代目へと受け継がれ「あいさつ最中」を開発、現状に満足することなくその挑戦は続きます。
当店は明治40年(1907年)、職人と芸の街「銀座木挽町」で創業。代々継承される家訓の1つに「一代一菓」(=自身の代で代表菓子をつくること)があり、初代は生菓子「水羊羹」、「葛桜」、二代目は半生菓子「江戸好み」、三代目は銘菓「おとし文」を作り上げました。
その心は四代目へと受け継がれ「あいさつ最中」を開発、現状に満足することなくその挑戦は続きます。
はじめまして浅草栖(すみか)です。
贈り主の大切な心に寄り添って素材、味、パッケージにもこだわった商品を作っています。
浅草栖の贈りものが、みなさまのしあわせな記憶として残りますように。そんな気持ちを込めてお届けします。
はじめまして浅草栖(すみか)です。
贈り主の大切な心に寄り添って素材、味、パッケージにもこだわった商品を作っています。
浅草栖の贈りものが、みなさまのしあわせな記憶として残りますように。そんな気持ちを込めてお届けします。

商品を探す

シーン別

ご当地グルメ

特集

値段別

動画・音楽

りぞけっと 営業カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • メンテナンス

ページトップへ